2007年09月18日

アトピー性湿疹

うちの子が一番悩んでいるのは やっぱりアトピー性皮膚炎です。


アトピーは 男の子より 女の子の方が 実はよくなる可能性が多いように思います。

私の身近な子供たちも
女の子は 中学校すぎて大抵よくなっています。

これは、小児喘息が大人になると治るという感覚と 
同じ気がします。

色んなサイトに 治るとか治らないとか 書いてありますが、

うちの子供が 通っている病院の先生は 
体質によって 症状が出なくなることはあるが、
治らないんだよ・・・・とおっしゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)


にしても、幼児から小学生とアトピーの湿疹に悩んでいた子供が 中学校になって、綺麗な肌になっているのは よくみかけます。


多分、生理が始まって、体質が変わったことによって 
症状がでなくなったということでしょう。


こう考えると、アトピー性の湿疹も 体質が 変わることによって出なくなるってことは あるんです。
これは、間違いありません。


そう思うと結構気が楽ですよね。
アトピーの子供のママは 暗くなりがちなんですが
(私もそうだったんですが)

いいことを考えて 明るく、明るく・・・
実はこれは 治療にも大切なんですよ!!



ケアとしては、やはり、症状をださないことが一番、
予防が一番なので、

アトピーの疑いがあれば、できるだけ早いうちに 
パッチテストをすることを おすすめします。

湿疹はどれもそうなのですが、アトピー性の湿疹は 
特に予防が重要です


アトピーの子供は 赤ちゃんの時の肌のままだと思って、
刺激が強くない 肌に優しいものを使いましょう。

直接肌に使う石鹸 衣類 衣類の洗剤、もしかしたら、
汗で湿疹ができる場合もあります。

子供の大好きなお砂遊びで、手に湿疹ができてしまうこともあります。
直接触れるもの しっかり チェックしましょう!!


また、パッチテストでアレルギー反応のでるものについては、
お医者様と相談して、除去する方法など考えていきましょう。

とにかく アトピーは 長い戦いになるので、
気を楽にもって、上手につきあって いきましょう。
posted by 子供 湿疹 at 14:08| 子供 湿疹

2007年09月15日

あせもの予防

子供がずっと悩まされる湿疹に「あせも」があります。
かゆいし、かきくずして ただれたり、



運悪くあせもを掻いて傷になったところに他のばい菌がついて
別の湿疹ができるなんてこともよくあります。


これも、かいちゃダメが通用しない子供のこと、
ほんとに困りものです。


最近は夏生まれの赤ちゃんだけでなく 冬生まれの赤ちゃんも
暖房で あせもができてしまったりもします。



夏は涼しくしておくのが いいのですが、
あまり クーラーを使うのも 赤ちゃんの身体のためには心配ですよね。


温度調節をこまめにしたり、赤ちゃんに直接冷気があたらないようにしましょう。


冬も別の意味で 温度調節に気を使いますが、
赤ちゃんは体温が高いので、暖めすぎてないか 注意しましょう。

背中を触ってみると、
じわっと 汗をかいているときがよくあります。


こまめに 下着を着替えさせたり、汗をふいてあげる。

自分でできるようになったら、汗を拭くことを覚えさせましょう。



なにせ、汗の出る穴は 大人と同じ数なんです。
しかも 運動量がすごいから あせももできやすくなっています。

注意してあげましょうね。



夏だと 手っ取り早いのは、汗をかいたら すぐシャワー!!

昔とちがって たいていのうちにお風呂やシャワーがあるから 
その点楽です。


お風呂に入れない状況にある子供たちは ほんとうに気の毒です。



うちの子供の場合アトピーで汗にかぶれてしまうので、

ちょっと汗をかいてしまうと、すぐかゆくなって 
掻いてしまうので、


「汗かいて、かゆいと思ったら????」

「直ぐ、シャワー!!!」

と反射的に言わせて
自分から お風呂いい気分(温泉)にいくようにさせてました。

子供も遊び感覚で喜んでましたしね。


あと、これは住宅事情にもよりますが、
夏は 大きなビニールプールに 
 
子供4人と+α(近所の子供たち)が
毎日つかって 遊んでました。

これは あせもには 結構効果的でしたよ黒ハート

posted by 子供 湿疹 at 16:08| 子供 湿疹

2007年09月14日

子供のお尻に湿疹ができる前に その2

前回赤ちゃんのお尻が
オムツかぶれから湿疹にならないために
オムツとオムツ替えの話をしました。

今日は ウンチの時のオムツ替えについてです。


ウンチの時のオムツ替えは 大抵のママは 
最近、厚みのあるウエットティッシュのようなものを
使っているようですね。


それについては、今は、柔らかな素材のものが色々出ているので、
自分でも よく確かめて 使ってあげると いいと思います。


1つお願いしたいのは、これは、湿疹には関係ないのですが、
冬場は 是非 その厚手のウエットティッシュ、
暖めて 使ってあげてください。

冷たいですよふらふら
手じゃなくて お尻なんですから・・・


それでも、オムツかぶれになってしまったら・・・・
まず、初めは うっすら 皮がはげたかんじで、赤くなります。

ほんとに 私たちの肌の皮と違って 
うす〜くて、ものすごくデリケートなんです。



では、赤ちゃんの お尻の皮がむけて赤くなったら
どうしたらよいか・・?

まず、ママは それがものすごく痛いのだということを 
理解してあげてください。

とにかく赤ちゃんは「痛い!!」って言えないので、
泣くばかり・・・・

おしっこでても、ウンチでても、オムツ替える時だって・・・・


ママは、
「痛いね・・・・直ぐ治るからきれいにしようね。」と

やさしく声をかけてあげてください。

そして、できれば 赤くなってるお尻が治るまでは、

オムツ替えのたびに、
ぬるま湯でお尻を優しく洗ってあげましょう。
揺れるハート

まちがっても ゴシゴシこすったりなんて しちゃダメです。

優しく 優しく・・・・

そして、オムツは おしっこ出てなくても
汗で 湿って来たら こまめに替えてあげましょう。


そうすれば、大抵のオムツかぶれは すぐに治ります。


子供は、特に赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、

デリケートな肌で、直ぐに湿疹ができたりしますが、

治るのも 早いのです。



それでも、ひどくなって来たり 湿疹がでたりしたら、
薬を使うことをおすすめします。

薬局や病院に相談した方がよいですね。


薬が不安に思うママもいると 思いますが
湿疹も軽いうちに薬で早く治しておく方が 私はお薦めるんるん


あとになって あまりひどいと、なかなか治らず 

結局薬をつける日数や量が多くなってしまいますからね。
posted by 子供 湿疹 at 17:09| 子供 湿疹

2007年09月13日

子供お尻に湿疹ができる前に

赤ちゃんの湿疹といえば、おむつかぶれがひどくなって・・ということもよくあります。

おむつかぶれは、軽いものであれば 大抵のママが経験するのではないでしょうか?

私も なにもわからない長男の時は ほんとうにかわいそうなことをしましたもうやだ〜(悲しい顔)



考えてみれば、私たち女性は生理の時にナプキンを使いますが、

毎月憂鬱!!!

ほんのちょっとの素材の違いでかぶれたり、蒸れてただれたり・・・・・


おむつは そのナプキンの何倍もの大きさ。
しかも、赤ちゃんの身体の大きさから考えると、
身体の1/3近くが おむつに覆われていることになります。

負担がないはずがありません。


できれば、素材のよいもので、こまめに取り替えてあげることが大切だと思います。


素材的には 私としては最近は紙おむつの肌触りがよいので、
紙おむつの方がお薦めですが、

紙おむつ派のお母さんで、おしっこ1回では とりかえないというママを結構見かけますふらふら


夜寝てるのを 起こしてまで変える事はないと思いますが、
起きてる時は、 おしっこ3回までOKの紙おむつでも、
おしっこでたら、なるべく早く取り替えて あげましょう。


紙おむつ布おむつどちらでも よい素材のもので、
おしっこでたら直ぐ取り替えてあげる!!!

これで、赤ちゃんも常に気持ちいいはず。
おむつかぶれも ずいぶん解消されるはず。

あと、あたりまえのことですが、
ウンチのあとだけじゃなく、おしっこのあとも、
オムツ替えの時 きれいに拭いてあげてください。


女の人なら、自分が おしっこして拭かないなんて、
ありえないと思うのですよ。

でも、おしっこのあとは 拭かないってママ時々みかけるんですよがく〜(落胆した顔)

そういう積み重ねが 子供のお尻に湿疹をつくることに なってしまうのですから。

細かいようですが、大切なことなんですね。
posted by 子供 湿疹 at 10:18| 子供 湿疹

2007年09月11日

赤ちゃんの湿疹

私は4人の子育てをしてみて、 大変なことは色々あるけれど、

子どもの湿疹は その中の大きなひとつといえます。

うちの子供たちは 全員アトピー性皮膚炎だったせいもあるのかもしれませんが

湿疹では 悩まされました。

一番初めに出会ったのが 新生児湿疹です。
お医者様の話によると 
これは ほっておいていいとのことでしたが、
(新生児特有ですぐに治るとのことでした。)

うちの子の場合、
それが いつの間にか脂漏性湿疹に変わっていました。

脂漏性湿疹というのは読んで字のごとく、毛穴から分泌される皮脂によって湿疹ができます。

子どもは新陳代謝が激しくて、
特に赤ちゃんは ものすごい新陳代謝ですよね。


ちょっとした傷も 直ぐ治って・・・・
同じ傷を私たち大人は何日もかかって、しかも傷跡が残ったり・・・


とにかく 新陳代謝が 激しいのです。

つまり 皮脂の分泌も ものすごいわけなのです。


それで、この脂漏性湿疹は 頭からおでこにかけて よくなるのですが、

フケのようなもの・・・・
いや、フケなんですかねえ・・・がたまって、
かさぶたのような状態になります。

そして これがやっかいなんですが、かゆみを伴います。


多くの湿疹はかゆみをともないますが、

「かいちゃダメ!!」
といっても 無理なのが子どもの湿疹の大変なとこです。


これは 決して お風呂に入れてやってないわけではなく、
お風呂は うちでも毎日入れてやってましたよ。


それでも なのです。

なので、震災などで避難されてる方の
お風呂に入れない赤ちゃん、ほんとに気の毒に思います。


私の場合どうやったかというと 必ず頭を石鹸で洗ってやりました。

アトピーだったので、すごく気を使ったのですが、
やはり、お湯だけで洗うのではなく、毎日石鹸やベビーシャンプーを使うほうがよいようです。


そして 重要なのは すすぎ!!!
ほんとに丁寧に しっかりとします。

私も4人育てるうちに ずいぶんコツがわかって、
この湿疹を4番目の子は ほとんど出さずにすみました。

それでも この脂漏性湿疹が出た場合は、
ベビーオイルなどで かさぶたを軟らかくして取ったあと、シャンプーをしてやりました。

ただ、注意したいのは、無理に一度にとろうとしないこと!!
赤ちゃんの肌はママと違って デリケートなのです。
posted by 子供 湿疹 at 15:59| 子供 湿疹