2007年09月15日

あせもの予防

子供がずっと悩まされる湿疹に「あせも」があります。
かゆいし、かきくずして ただれたり、



運悪くあせもを掻いて傷になったところに他のばい菌がついて
別の湿疹ができるなんてこともよくあります。


これも、かいちゃダメが通用しない子供のこと、
ほんとに困りものです。


最近は夏生まれの赤ちゃんだけでなく 冬生まれの赤ちゃんも
暖房で あせもができてしまったりもします。



夏は涼しくしておくのが いいのですが、
あまり クーラーを使うのも 赤ちゃんの身体のためには心配ですよね。


温度調節をこまめにしたり、赤ちゃんに直接冷気があたらないようにしましょう。


冬も別の意味で 温度調節に気を使いますが、
赤ちゃんは体温が高いので、暖めすぎてないか 注意しましょう。

背中を触ってみると、
じわっと 汗をかいているときがよくあります。


こまめに 下着を着替えさせたり、汗をふいてあげる。

自分でできるようになったら、汗を拭くことを覚えさせましょう。



なにせ、汗の出る穴は 大人と同じ数なんです。
しかも 運動量がすごいから あせももできやすくなっています。

注意してあげましょうね。



夏だと 手っ取り早いのは、汗をかいたら すぐシャワー!!

昔とちがって たいていのうちにお風呂やシャワーがあるから 
その点楽です。


お風呂に入れない状況にある子供たちは ほんとうに気の毒です。



うちの子供の場合アトピーで汗にかぶれてしまうので、

ちょっと汗をかいてしまうと、すぐかゆくなって 
掻いてしまうので、


「汗かいて、かゆいと思ったら????」

「直ぐ、シャワー!!!」

と反射的に言わせて
自分から お風呂いい気分(温泉)にいくようにさせてました。

子供も遊び感覚で喜んでましたしね。


あと、これは住宅事情にもよりますが、
夏は 大きなビニールプールに 
 
子供4人と+α(近所の子供たち)が
毎日つかって 遊んでました。

これは あせもには 結構効果的でしたよ黒ハート

posted by 子供 湿疹 at 16:08| 子供 湿疹