2007年10月24日

うつる湿疹 水イボ

前回は とびひのことを 書いたんだけど、
今回も同じく 子供の湿疹の中でもうつってしまう やっかいなもの水イボについてです。


水イボは とびひと違ってちょっとやっかいです。
これといった薬がないからです。

治す方法といっても 水イボをとるしかないのです。


うちの子供が水イボになった時も 病院へ行ってなにをしてもらったかといえば、

ピンセットで水イボをつぶして、消毒して、ガーゼをあててもらう・・・

それだけです。


水イボというだけあって、つぶすと水がでます。
その水が他のところに付くと うつってしまうのです。

そのため、プールに入れなかったり、幼稚園へ行く時、包帯をきちんとしないといけなかったりで大変です。

あまりひどくなると、病院で焼いてもらうことになります。
どちらにしても痛いので、子供はものすごく嫌がります。



これもやはり、早く水イボを発見することが大切です。
ひどくなると、ほんとに どんどんうつってしまうので、
1つ2つの時、みつけて すぐ潰して消毒しましょう。
以外に拡がらずにすぐ治ってしまう時もあります。

自宅でも 潰してあげることができますよ。
病院では ピンセットを消毒して、潰しなさいと言われましたが、
あまりに痛いようなので 私は針を焼いて消毒して、水イボをついてやります。

ピンセットより、痛みは少ないようです。

そのあと、しっかり消毒です。


どちらにしても 早く湿疹をみつけてあげることが なにより大切です。


ママのスキンシップと観察で 
できるだけ早期発見、早期治療ですよ黒ハート
posted by 子供 湿疹 at 21:49| 子供 湿疹